パン作りへのこだわり
おいしくて健康にいいパン作り

ベッカライ ツェッペリンでは、おいしさはもちろん、安心して食べられる
体にやさしいパン作りをを心がけています。

(「ベッカライ」とはドイツ語でパン屋の意味です)


ツェッペリンのパンは、お店で良質な粉と水、自然塩などを計量して毎日作っています。
パンは、生地が美味しいのが基本だと思っています。冷凍生地は使っていません。
また、カスタードクリームやカレーパンのフィリングなどもお店で手作りしています。

マーガリン、イーストフード、保存料、合成香料などは無添加です。
よつ葉乳業さんなどの良質なバター、ナチュラルチーズ、バニラビーンズを使用しています。


早く大量のパンを作って提供することよりも、じっくりと時間をかけて発酵させることで美味しさを引き出すこと、安心して食べられることを大切にし、体にやさしいパン作りを心がけています。

マーガリン・・・マーガリンは植物性で健康にいいといわれてきましたが、実は有害で使用禁止となっている国もあります。
マーガリンは液体である植物性油脂を化学処理し、トランス型脂肪酸という自然にはない人工的な形に変化させているため、身体に負担がかかります。
危険性は欧米では公に議論され含有量の表示義務や許容量を超える場合製造禁止などの規制が実施されています。
米国では トランス型脂肪酸の摂取が心臓病のリスクを高めるということで、2006年1月1日以降、食品の栄養成分表示にトランス脂肪の含有量も明記することが義務付けられています。


・イーストフード・・・短時間でふわふわした大量のパンをつくるための数種類の化学物質を混合した合成添加物です。
・合成香料・・・バニラエッセンス、バニラオイルなどは天然由来でなく化学的に合成された香料です。

  フランス製石釜オーブンを使用しています。
フランスパンを美味しく焼くためにフランスパン専用の石窯オープンを使用しています。
これにより皮はパリパリと中身はしっとり焼き上がります。


材料、製法の改良
よりおいしくて健康にいいパンを作っていくために、原材料、製法を吟味し常に改良、改善をしています。